All posts by 元消費者金融社員

借り換え・おまとめローンならオリックス銀行が人気No.1!

消費者金融で借りていて、おまとめローンや借り換えローンを検討しているのなら、オリックス銀行カードローンがおすすめです。

なぜおすすめなのかと言えば、オリックス銀行は貸金業者ではなので、年収3分の1が無い、総量規制対象外となることから、金額が高くなる傾向のおまとめローンや借り換えローンでも年収による規制はありません!

消費者金融の借り換えローンやおまとめローンでは、総量規制が関わってきますので、おまとめローンとして融資する場合、年収3分の1のラインをオーバーしている人は、総量規制例外貸付と言って、例外的に融資をすることになり、借入後に限度額内での追加借入は一切できないのです。

その点、オリックス銀行審査であれば、総量規制は適用外になりますので、おまとめローンや借り換えローンをしたとしても、限度額内で繰り返し借入と返済が自由にできることになっています。

高額融資ほどオリックス銀行のメリットが大きくなる!

オリックス銀行は借入限度額が大きいほど金利が低くなっているローンです。すなわり、大きな借り入れをすればするほど低金利となりますので、中途半端に1社や2社をおまとめするよりも、全て一本化にしてしまい、限度額を上げることによって、低金利で契約することが可能となります。

この点もおまとめローンや借り換えローン向けの商品と言える点です。

オリックス銀行普通預金口座は不要!

オリックス銀行カードローンの良い点は、オリックス銀行口座開設が必要ないことです。例えば、イオン銀行カードローンや、りそな銀行カードロ-ンなどを見れば分かるように、通常は必ずその銀行の普通預金口座を持っている人か、持っていなければ、ローン審査と同時に口座開設の手続きが必要になっていきます。

融資はその口座に振り込まれることから、銀行カードローンで借りる人の多くは普通預金口座開設を余儀なくされているわけです。

しかし、オリックス銀行カードローンは普通預金口座開設も必要なく、ローンカードより提携ATMより借入ができるので、とても便利なのです!提携ATM台数は約87,000台以上となっており、銀行カードローンでも1番の台数で、とても便利に利用できることが人気の理由となっています。

おまとめローンを借りるコツ

消費者金融からまとめローンを借りようと思っている人も多くいると思います。

おまとめローンとは、複数の借入を1社にまとめることを言い、ローン一本化をすることによって、様々なメリットが出てきます。

まず第一に、低金利へ一本化おまとめすることによって、今まで数種類あった金利は低金利へ統一されることによって、発生する利息を大きく引き下げることができます。

そして、一社におまとめローンをすることで、数社あった返済は1社だけになることから、精神的にも返済の手間的にも非常に楽になるのです。

又、おまとめローンで一本化することによって、返済計画が立て直せる点も大きなメリットです。

今まで3社~4社借りていた人は、毎月返済をしているのにもかかわらず、限度額内で追加借入等をすることにより、残高が減らず、いつまでたっても完済できない状態となっています。

しかし、おまとめローンで一本化することによって、毎月の利息金額と、元金充当額は簡単に計算できることになり、毎月いくら返済した場合、いつに完済となるのかが、明確に分かるようになります。

これらがおまとめローンのメリットとなりますが、おまとめローンの審査は普通のフリーローンと比べて厳しいのか?おまとめローンを借りるコツはなんなのか?について説明していきます。

おまとめローンを借りるコツは属性が大きく関わります!

おまとめローンは複数の借入を一本化することになりますので、金額が大きくなってきます。その為、年収や、勤続年数、居住年数、住居種別などの「属性」が大きく審査にかかわってくるのです。

今借りているおすすめの消費者金融でおまとめローンをするのであれば、ある程度返済履歴が分かっているので、審査に有利となります。

その為、できることならば、今利用している消費者金融のおまとめローンを申込みした方が、新規のおまとめローンの申込みよりは断然に有利になるのです。

おまとめローンを新規で申込みした場合の審査は属性以外にも借入件数や残高などの信用情報による審査も当然にあります。

消費者金融では総量規制が大きく影響しますので、年収の3分の1以上は原則貸付は禁止となっています。

しかし、おまとめローンは総量規制例外貸付として認められていますので、年収3分の1以上だったとしても融資は受けられるのです。

おまとめローンを借りるコツは、ズバリ言えば、属性が良くないと借りることはできません。勤続年数、居住年数ともに最低でも5年以上は必要で、勤務先の会社も従業員100名以上のある程度規模がある会社でなければ審査に通ることは厳しくなってくるでしょう。

おまとめローンを申込みする際の参考になれば幸いです。

消費者金融から借り換えを選ぶならここ!

消費者金融で借りていて、毎月の利息負担が大きいと感じている人は多いでしょう。

最初の頃は10万円程度の利用だった場合、そこまで利息負担は大きくありませんが、50万円まで増えてくると、毎月返済しても元金(残高)は思うように減ってはくれません。

50万円を金利18%で借りていた場合、1ヵ月(30日間)の利息は、7,397円になります。その為、2万円返済しても残高が減るのは、利息分7,397円を引かれた12,603円となるのです。

消費者金融審査を通しやすいのだから利息を払うのは当然と言えば、当然なのですが、2万円も払って、残高が減るのは1万2千円となると、正直返済していくのが辛く感じる時もあります。

サラリーマンであれば、お小遣いは月3万円~5万円の間の人が多いでしょう。仮に3万円だった場合、借金が50万円あって、月の利息負担が7,397円は非常に大きな負担となるのは間違いありません。

低金利へ借り換えすれば利息は減ります!

50万円借りて利息が7,397円になるのは金利が18%だからです!例えば、低金利の金利12%であれば、1か月の利息(30日間)は4,931円になります。

4,931円ならば、2万円返済しても元金充当額(残高充当額)は1万5千円以上になります。金利が6%違うだけで、これだけ利息の負担は小さくなるのです。

では、借り換えカードローンを選ぶならば、どこがおすすめなのか?どこが低金利なのか?

借り換えローンなら銀行カードローンが低金利!

消費者金融は金利だけで見れば高い部類に入ります。もちろん、消費者金融のメリットは、審査スピードが早く、即日融資可能となっている点で、これは多少金利が高いとしても当日借りられるメリットは非常に高いと言えます。

しかし、今既に借りてしまったのならば、低金利のローンへ借り換えすることを検討することが賢い選択しと言えるのです。

その場合、おすすめなのは断然に銀行カードローンになるのです。銀行カードローンは消費者金融と比較すれば金利はかなり低くなっており、50万円でも金利15%以下の銀行カードローンは多くあります。

今消費者金融で借り換えを検討している人ならば、まず低金利の銀行カードローンを探すことから始めるべきなのです。

特に、自宅や会社の近くにある銀行カードローンであれば、返済や借入はATMからできるので、そのことも選考のポイントにすると良いでしょう。