Category Archives: おまとめローン


おまとめローンの前に過払い金の精算

近年はカードローンを販売している業者の中に、「おまとめローン」も扱っている業者が多くあります。

おまとめローンというのはその名のごとく、複数のカードローンを一つにまとめるものであり、その大きな目的の一つが借入額をまとめることで借入金利を下げることです。特に、少額の借入の場合は金利が高く設定されるため、おまとめローンの利用は効果的です。

ただし、おまとめローンを利用する前にやらなければならないのが「過払い金」の確認です。

テレビで弁護士事務所や司法書士事務所による過払い金返還請求のCMが流れているのでその存在は知られてきていますが、過払い金を簡単に言うと「払い過ぎた利息」のことです。

つまり、法律で定められた金額よりも多く支払ってしまったものです。

このような事態が発生した原因は過去、金利を規定する法律に「利息制限法」と「出資法」の2つがあったからです。貸付に対する金利は利息制限法に基づいて設定されなければならず、その上限金利は貸付金額によって15~20%になっています。

ところが、消費者金融は利息制限法の上限金利よりはるかに高い29.2%の金利で貸付をしていました。それができたのは、もう一つの法律である出資法の上限金利が29.2%だったからです。

ただし、29.2%で貸し付けるには条件が2つあり、利用者が書面によって金利の数値を「認識」していることと、その金利での利息の支払いを「任意」で行うことです。

この2つの条件が満たされた場合は、利息制限法の規定を超える金利によって利息が支払われたとしても、適正な支払いとみなすとされていました。これが「みなし弁済」です。

みなし弁済は期限の利益喪失条項によって違法となった

しかし後年、最高裁判所はみなし弁済を違法と裁定しました。その根拠になったのは、金銭貸借契約の条項の中に、「返済を延滞した場合は期限の利益が喪失し、借入残金の一括返済の義務を負う」というものがあったため、利用者は支払いを強制されており、任意で支払ったものではなかったからです。

従って、利息制限法の上限金利を超える金利で支払った利息はすべて過払い金であるため、消費者金融に返還を求めることができます。

なお、現在は出資法の上限金利が廃止され、貸出に対する上限金利は利息制限法に統一されています。

29.2%の金利がいかに過酷なものであるかを見るために、仮に、カードローンから100万円の借入をしたとします。そして、毎月の返済額を3万円とした場合、最終的な返済額は以下のようになります。なお、正規の上限金利は15%です。

●29.2%の場合
・返済回数:70回(5年10ケ月)
・利息総額:1,079,611円

●15%の場合
・返済回数:44回(3年8ケ月)
・利息総額:301,674円

何と、77万8,000円も多く支払い過ぎたことになります。つまり、消費者金融借り換えでおまとめローンを契約して返済を続けるどころか、お金を返してもらえるかもしれません。

まずは、現在の借入金利がいくらであるのかを調べるのが先決です。正規の上限金利は元本10万円未満の場合は年20%、元本10万円以上100万円未満の場合は年18%、元本100万円以上の場合は年15%です。それを超える金利の場合は法律上支払う必要がありません。

消費者金融でおまとめローンして失敗する例

消費者金融でおまとめローンを契約して失敗する人は、9割以上が、追加融資ができないことを、簡単に考えていた人です。

消費者金融のおまとめローンでは、ほとんどの会社が一本化を条件としており、一本化にまとめた後は、完済するまでずっと返済しかできないようになっています。

なぜなら、おまとめローン自体、借金を無くす目的のローンであるため、おまとめローンをして、他社から借入をすれば借金は一本化する前よりも増えてしまい、返済不能になってしまうからです。

消費者金融では契約前に、おまとめした後は一切借入をしないでくださいと、説明して契約していますが、債務者は多分大丈夫だろうと安易な気持ちで借りている人が多いのです。

今まではカードローン数社から、返済と同時に借入をして、他社の返済に充てていた人や、すこしの飲み代やパチンコなどのギャンブルで我慢できずに追加借入をして、借金が増えた人ばかりです。

そのような人達に、いきなり今後一切借入をしないでくださいと言っても、到底無理な話であり、すぐに借入をしてしまう意志が弱い人が、5年以上の契約になるおまとめローンを最後まで借入をせずに返済できるわけがないのです。

おまとめローン後に借入するとどうなるのか?

仮に200万円のおまとめローンで他社4件を完済して、一本化した人がいるとします。最初は毎月ちゃんと返済していたのですが、やはり意志が弱く、自分の小遣い範囲では足らなくなり、借入をしたいと、カードローン会社に相談したとします。

しかし、消費者金融では最初から追加借入は禁止と説明してあるので、当然に追加での融資はできないと断ります。しかし、その人は我慢できずに、一度完済した消費者金融へ再度借入を申込みしてしまうのです。

もし、その人が総量規制範囲内の負債だった場合、申込みがあった消費者金融は過去の返済履歴を見て、問題ないと判断すれば再度融資をするでしょう。

本人はバレないと思った借入でも、おまとめローンをしている消費者金融会社は定期的にその人の借金をチェックする場合があります。

信用情報をチェックした場合、他の会社から借入をしていると分かった時、信用低下となり、おまとめローンの継続が難しくなり、最悪一括請求をされる恐れもあるのです。

実際、一括請求をされても困るのは債務者であり、一括で返済できる資金などあるわけもありません。このような場合は、毎月の返済額を上げるように言われたり、早期完済をするように条件変更を言われる場合もあります。

結局、支払ができなくなり、弁護士や司法書士へ債務整理を依頼するケースに発展することも多く、このような場合がおまとめローンとして失敗した例と言えます。

おまとめローンで失敗しないためにも、最初から収入証明書不要のカードローンである、銀行カードローンへ申込みすることをおすすめします。

銀行カードローンの場合、返済専用には基本的にならないので、契約中でも追加借入ができます。しかし、デメリットとして借金がいつまでたっても減りにくくなっています。

どちらを取るかは本人次第ですが、消費者金融、銀行カードローンどちらにもメリット・デメリットがあるのです。

おまとめローンを借りるコツ

消費者金融からまとめローンを借りようと思っている人も多くいると思います。

おまとめローンとは、複数の借入を1社にまとめることを言い、ローン一本化をすることによって、様々なメリットが出てきます。

まず第一に、低金利へ一本化おまとめすることによって、今まで数種類あった金利は低金利へ統一されることによって、発生する利息を大きく引き下げることができます。

そして、一社におまとめローンをすることで、数社あった返済は1社だけになることから、精神的にも返済の手間的にも非常に楽になるのです。

又、おまとめローンで一本化することによって、返済計画が立て直せる点も大きなメリットです。

今まで3社~4社借りていた人は、毎月返済をしているのにもかかわらず、限度額内で追加借入等をすることにより、残高が減らず、いつまでたっても完済できない状態となっています。

しかし、おまとめローンで一本化することによって、毎月の利息金額と、元金充当額は簡単に計算できることになり、毎月いくら返済した場合、いつに完済となるのかが、明確に分かるようになります。

これらがおまとめローンのメリットとなりますが、おまとめローンの審査は普通のフリーローンと比べて厳しいのか?おまとめローンを借りるコツはなんなのか?について説明していきます。

おまとめローンを借りるコツは属性が大きく関わります!

おまとめローンは複数の借入を一本化することになりますので、金額が大きくなってきます。その為、年収や、勤続年数、居住年数、住居種別などの「属性」が大きく審査にかかわってくるのです。

今借りているおすすめの消費者金融でおまとめローンをするのであれば、ある程度返済履歴が分かっているので、審査に有利となります。

その為、できることならば、今利用している消費者金融のおまとめローンを申込みした方が、新規のおまとめローンの申込みよりは断然に有利になるのです。

おまとめローンを新規で申込みした場合の審査は属性以外にも借入件数や残高などの信用情報による審査も当然にあります。

消費者金融では総量規制が大きく影響しますので、年収の3分の1以上は原則貸付は禁止となっています。

しかし、おまとめローンは総量規制例外貸付として認められていますので、年収3分の1以上だったとしても融資は受けられるのです。

おまとめローンを借りるコツは、ズバリ言えば、属性が良くないと借りることはできません。勤続年数、居住年数ともに最低でも5年以上は必要で、勤務先の会社も従業員100名以上のある程度規模がある会社でなければ審査に通ることは厳しくなってくるでしょう。

おまとめローンを申込みする際の参考になれば幸いです。