消費者金融から借り換えを選ぶならここ!

消費者金融で借りていて、毎月の利息負担が大きいと感じている人は多いでしょう。

最初の頃は10万円程度の利用だった場合、そこまで利息負担は大きくありませんが、50万円まで増えてくると、毎月返済しても元金(残高)は思うように減ってはくれません。

50万円を金利18%で借りていた場合、1ヵ月(30日間)の利息は、7,397円になります。その為、2万円返済しても残高が減るのは、利息分7,397円を引かれた12,603円となるのです。

消費者金融審査を通しやすいのだから利息を払うのは当然と言えば、当然なのですが、2万円も払って、残高が減るのは1万2千円となると、正直返済していくのが辛く感じる時もあります。

サラリーマンであれば、お小遣いは月3万円~5万円の間の人が多いでしょう。仮に3万円だった場合、借金が50万円あって、月の利息負担が7,397円は非常に大きな負担となるのは間違いありません。

低金利へ借り換えすれば利息は減ります!

50万円借りて利息が7,397円になるのは金利が18%だからです!例えば、低金利の金利12%であれば、1か月の利息(30日間)は4,931円になります。

4,931円ならば、2万円返済しても元金充当額(残高充当額)は1万5千円以上になります。金利が6%違うだけで、これだけ利息の負担は小さくなるのです。

では、借り換えカードローンを選ぶならば、どこがおすすめなのか?どこが低金利なのか?

借り換えローンなら銀行カードローンが低金利!

消費者金融は金利だけで見れば高い部類に入ります。もちろん、消費者金融のメリットは、審査スピードが早く、即日融資可能となっている点で、これは多少金利が高いとしても当日借りられるメリットは非常に高いと言えます。

しかし、今既に借りてしまったのならば、低金利のローンへ借り換えすることを検討することが賢い選択しと言えるのです。

その場合、おすすめなのは断然に銀行カードローンになるのです。銀行カードローンは消費者金融と比較すれば金利はかなり低くなっており、50万円でも金利15%以下の銀行カードローンは多くあります。

今消費者金融で借り換えを検討している人ならば、まず低金利の銀行カードローンを探すことから始めるべきなのです。

特に、自宅や会社の近くにある銀行カードローンであれば、返済や借入はATMからできるので、そのことも選考のポイントにすると良いでしょう。