カードローン審査落ちた原因が分からない

カードローンに申込みして、審査に落ちる人は当然、一定割合います。申込みがあった人に対して100%貸付をしていたら、貸倒率は非常に高くなってしまい、経営自体危ぶまれてしまいます。

では、なぜカードローン審査に落ちたのか?その理由を知りたくても、カードローン会社は絶対に審査に通らなかった理由を教えてくれることはありません。

どんなに粘って、教えてくれと言っても、教えてはくれないでしょう。

カードローン審査に通る、通らないのは、審査担当者の気分的なものでは無く、今は自動審査が主流となっていますので、ほぼ、信用情報の借入金額と、他社延滞の有無、事故情報の有無、年収によって、大部分は審査が終わってしまうのも事実です。

逆に言えば、その項目に引っかかる事がないか?自分自身で調べてみることで、審査に落ちた原因が分かるかもしれません。

特に信用情報は審査の1番の審査基準にもなっていますので、自分自身で信用情報を開示請求し、見てみることが大事なことです。

もし信用情報に間違った情報が登録されていたのならば、訂正依頼をすることによって、情報は正しいものに変わり、その情報によって、審査が通る可能性も充分にあります。

消費者金融審査なら、プロミス、銀行カードローン審査ならオリックス銀行の口コミが高いので、まずはその辺りを中心に申込みした方が良いでしょう。