消費者金融への返済の仕方の傾向

消費者金融のカードローンから借りたお金は返済期日までに返さなければなりませんが、現在は返済方法が色々あります。

公共料金の支払いは毎月定期的に生じるため、口座引き落としを利用する人が多くなっていますが、カードローンでは単発的に借り入れる人も多いため、口座引き落としがメジャーにはなっていません。なお、公共料金のような請求書による支払いはカードローンにはありません。

初めてカードローンに申込む人には公共料金感覚で、始めから口座引き落としになると思っている人が多いですが、基本はATMからの入金です。

そして、提携ATMにはコンビニのATMがあるので、通勤帰りや買い物ついでにいつでも利用できることから主流の返済方法になっています。

ただ、コンビニや銀行のATMを利用すると手数料を取られるため、消費者金融の自動契約コーナーのATMを利用する人もいます。大手の消費者金融では数多くの自動契約コーナーが設けられていますし、手数料も掛かりません。最近は消費者金融が銀行系列になっているため、以前ほど消費者金融の店舗に入ることに対する抵抗感を持つ人が少なくなっています。

そして、最近増えてきているのがインターネット返済です。パソコンやスマホなどから会員ページにログインし、ネットバンキングを利用して指定の口座へ送金します。インターネット端末さえあれば、どこからでも深夜でも返済できるのが増加している一番の要因です。

消費者金融で口座引き落とし返済を選択しない人が多いのはなぜ?

ところで、便利なツールである口座引き落としを意図的に避けている人もいますが、その理由には以下の3つが挙げられます。

1番目は「手続きが面倒」ということです。口座引き落としを利用する場合は申請書を提出しなければならないからです。ただ最近は、インターネットから手続きができるようになっていたり、契約申込時に口座引き落としによる返済を選択できたりする消費者金融もあります。

2番目は「任意の日に返済ができない」ということです。口座引き落としの場合は決済日を限定されるケースがあり、都合の良いタイミングで返済することができないことです。特に、給料日が月末なのに決済日が月の始めに設定されている場合は、口座の残高を気にしていなければなりません。ただ、決済日を指定された日の中から選択できる消費者金融もあります。

3番目は「明細書が届く」ことです。口座引き落としの場合は基本的に利用明細書が自宅へ郵送されることから、家族に内緒で借金をしているような人は都合が悪くなります。封書に消費者金融の名前は記載されていないにしろ気になるため、口座引き落としを避けています。

本来、返済は口座引き落としの方が楽なのは間違いないのですが、利用明細が自宅に届いたり、通帳記帳すれば借入が知られてしまうことから、ほとんどの人はATMからの返済を選びます。ちなみに、どの返済方法をとったとしても、カードローン審査などの項目には特に影響がありません。

口座引き落としは、カードローン会社が銀行に手数料を払っていますので、それだけ経費がかかっていることになります。また書類のやり取りが必ず必要になり、銀行印などの問題もありますので、手間ですが、一度登録してしまえば返済の手間は省けます。