中堅の消費者金融のフクホーとニチデン、日本保証・関東信販とは?


数多くある中小の消費者金融の中で大阪において良く名前の出る業者に「フクホー」と「ニチデン」があります。

フクホーは1970年に設立された老舗の消費者金融であり、大阪市に本社があります。商品は一般的な「フリーキャッシング」と借換え専用の「借換えローン」の2種類になっています。

両商品とも貸出限度額は200万円で、金利は7.3%~20.0%になっていますが、通常は10万円未満が20%で、10万円以上100万円未満は18%になると思っていた方が無難です。なお、初回の利用は50万円までに限定されます。

フリーキャッシングの大きな特徴が返済方式で、一般的な元利均等返済方式の他に「元金自由返済方式」というものがあります。

元金自由返済方式というのは簡単に言うと、毎月利息だけは必ず返済しなければなりませんが、元金は返済できるペースで支払っていく、というものです。返済額を自由に設定できるため、苦しい時に少なくすることで楽に返済できるというメリットがありますが、反面、強い返済意識を持っていないと、ずるずると返済期間が伸びて結果的に多額の利息を取られることになりかねません。

申込手続きはインターネットと店頭窓口、電話から行えます。なお、インターネットから申込んで審査に通っても、振込は契約書を郵送で交わした後になります。

なお、契約書類はフクホーから送ってもらわなくても、セブンイレブンのマルチコピー機から取り出すことができます。

一方、ニチデンの店舗は大阪市と吹田市にあります。なお、奈良市にニチデン本社がありますが、形式的には別会社になっています。

元々大口の貸出を主としていたため、商品には一般個人向けの「振込ローン」の他に、「不動産担保ローン」や「事業者ローン」があります。

振込ローンの特徴は貸出限度額が50万円と少額に限定されていることと、金利が9.49~17.52%と低くなっていることです。

中小の消費者金融では少額の借入の場合、貸金業法の上限金利である20%に設定されていることが多い中で、良心的な金利と言えます。それもあって、ニチデンに関する利用者の口コミは好意的なものが多くなっています。

返済方式は一般的な元利均等方式が採り入れられており、返済方法はニチデンの口座に振り込むか、店舗に持参します。

申込方法は基本的にインターネットが利用されており、ホームページの専用フォームから申込むと審査があり、審査に通ると口座に借入金が振り込まれます。店舗や電話による申込も可能です。

ちなみに、ニチデンの融資地域は大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県・三重県に限定されています。

中堅消費者金融には日本保証と関東信販もあります!

世間ではあまり名前を知られていない消費者金融に「日本保証」と「関東信販」があります。

実は、日本保証というのは過去、消費者金融業界のトップに君臨していた「武富士」の消費者金融事業を承継した会社のことです。

武富士は消費者金融という業態を社会的に確立した功労者ですが、強引で傲慢な経営体質があり、そのことを記事にした出版社やフリーライターとの訴訟事件が絶えませんでした。

そして、武富士会長が盗聴事件における逮捕をきっかけに会長職を退いたことで、武富士は衰退していきます。そして、過払い金問題などによる経営不振から2010年に会社更生法を申請して以降、武富士という社名が消えます。

武富士に対してはネガティブなイメージを持っている人がいますが、日本保証は楽天からKCカードを買収したことでも有名な金融業や不動産業などを営むJトラストの子会社であり、規模から言うと大手消費者金融にも匹敵する会社です。

日本保証の個人向け商品には「フリーローン」と「おまとめローン」、「不動産担保ローン」があります。おまとめローンおすすめのkwで検索すると出てきます。

フリーローンの金利は4.6~20.0%で、貸出限度額は300万円です。申込はインターネットか電話で行い、契約が結ばれると借入金が振り込まれます。

なお、返済方法は店舗への持参、日本保証の口座への振込の他、利用者の銀行口座からの引き落としができるようになっています。手間や費用を掛けずに返済ができる点は、中小の消費者金融には無いメリットです。

関東信販は埼玉県の川口市にある創業が1983年の消費者金融ですが、店舗を持たずに振込キャッシングに特化しており、日本全国からの申込に対応しています。

販売商品は「フリーローン(貸出限度額・99万円)」、「少額ローン(貸出限度額・10万円)」、「教育ローン(貸出限度額・200万円)」の3種類になっており、金利はどのローンも一律金利になっています。

そして、その金利が関東信販の最も大きな特徴になっており、フリーローンの金利は16.98%で、少額ローンの金利はなんと7.0%でしかありません。

消費者金融にとって16.98%でも異例なのに、7.0%の金利は都市銀行の金利で言うと、300万円を貸し出す時の金利に相当します。

なお、インターネットからの申込手続きにおいては、審査通過後に本人確認書類をFAXで送った時点で借入金が振り込まれるため、平日の14時頃までに手続きが終わると即日借入が可能です。

返済に関しては、一括払いと元利均等払いになっており、返済期日は利用者の任意の日を指定することができます。ちなみに、社会保険証の発行を受けていない人は利用できません。